Skip to content
particle-background-wp
NEM Japan Top Page

「Symbol」とは、

2021年3月にローンチした

コンセンサスアルゴリズムに PoS+ を採用した

NEMの次世代ブロックチェーン

基軸通貨は XYM 

 


 

「NEM NIS1」とは、

2015年3月から稼働を続ける

NEMの第一世代のブロックチェーンであり

Symbolの最初のサブチェーンとしての活用が計画されている

基軸通貨は XEM 

NEM Symbol ローンチ後オプトイン:
参加はまだ間に合います!

2021年3月、NEMプロジェクトはNEM Symbolパブリックブロックチェーンをローンチしました。NEM Symbolがローンチされる前に、XEM保有者はスナップショットの時点でのXEM残高と同等のXYM残高を得るため、オプトインを行う機会がありました。しかし、オプトインの参加はまだ間に合います。

NEM Japanについて

NEM JAPANは、情報化社会の発展を図る活動としてNEM(Symbol)ブロックチェーン技術の普及を目的として活動しています。

Icon 3

不変性

全ての重要な書類は、アポスティーユサービスを使う事によって保証されます。

Icon 1

コンセンサス

資金の安全性と適切な使用は、共同署名者のグループによって保証されます。

Icon 2

透明性

すべてのトランザクションは透過的であり、ブロックチェーン上で確認できます。

NEM Japanについて

NEM JAPANは、情報化社会の発展を図る活動としてNEM(Symbol)ブロックチェーン技術の普及を目的として活動しています。

Icon 3

不変性

全ての重要な書類は、アポスティーユサービスを使う事によって保証されます。

Icon 1

コンセンサス

資金の安全性と適切な使用は、共同署名者のグループによって保証されます。

Icon 2

透明性

すべてのトランザクションは透過的であり、ブロックチェーン上で確認できます。

最新の記事

1 2 3 11

最新の記事

プレスリリース

プレスリリース

1 2 3 12

コミュニティ

日本のNEMコミュニティは、とてもパワフルです。独自にNEMの勉強会やイベントを開催したり、様々なプロダクトを誕生させています。NEMコミュニティのメンバーは、NEMber(ネンバー)と呼ばれます。ちょっとでもNEMに興味を持ったら是非参加してみましょう。

 NEMTUS公式のウェブサイトです。

   コミュニティのプロジェクト

phone

Telegram(テレグラム)

コミュニティ

日本のNEMコミュニティは、とても積極的です。独自にNEMの勉強会やイベントを開催したり、様々なプロダクトも誕生しています。NEMコミュニティのメンバーは、NEMber(ネンバー)と呼ばれます。ちょっとでもNEMに興味を持ったら是非参加してみましょう。

Telegram(テレグラム)

Symbolのテクノロジー

Symbol では、おなじみの API を使用して、既存のプラットフォームとインターフェースで接続するため、学習曲線が低く、あなたのやり方で開発できます。つまり 任意のプログラミング言語 で軽量コードを使用して、さまざまなアーキテクチャソリューションを効率的に作成可能です。

アグリゲートトランザクション

アグリゲートトランザクションは複数のトランザクションを一つにまとめ、 トラストレスな交換 や高度なロジックを可能にします。 Symbol は一度きりの破棄可能なスマートコントラクトを生成することでこれを実現しています。

../_images/aggregate-escrow-1.png

2人の参加者間における アグリゲートトランザクション の例

アグリゲートトランザクションへ全ての アカウント が署名をすると、全てのインナートランザクションは同時に実行されます。

Symbol パブリックネットワーク は 1,000 までのインナートランザクションを内包し、 25 の連署者を参加させたアグリゲートトランザクションをサポートしています。

デスクトップウォレット

blocks

コンセンサス

コンセンサスプロトコルとはブロックチェーンシステムのノードが 合意形成 と 意志決定 をするための動的メソッドです。

Symbol では、有名な Proof-of-Stake (PoS) プロトコルの改善バージョンである Proof-of-Stake Plus (PoS+) と呼ばれる革新的なメカニズムを利用します。

基本的な PoS コンセンサスアルゴリズムでは、ブロックチェーン内の新しいブロック生成は ノード所有者の富にのみ関連する 要因の組み合わせに基づいて、確率的にノードに割り当てられます。

PoS+ プロトコルはアカウントの利害関係も考慮しますが、 参加者の活動に基づいた 報酬を与えることにより、エコシステムの健全性も促進します。

ハーベスティング

新しい ブロック を生成するプロセスをハーベスティングと呼びます。このプロセス中に ハーベスタ と呼ばれる、ブロックをハーベストする アカウント は、生産した トランザクション手数料 と発生した インフレーション トークンで報われます。生成された各ブロックは、ハーベスタアカウントの公開鍵とそれが作成したブロック署名を ヘッダー に格納します。

適格基準

インポータンススコア はハーベストが有効になっているすべてのアカウントの中から、次のブロックを収集するためにアカウントを選択する確率を決定します。Symbol のパブリックネットワークでは、0 より大きいインポータンススコアを獲得するために、アカウントは 10,000 以上の ハーベスティングモザイクを保有している必要があります。 ノードの運用 または、別のノードに デリゲートハーベスティング を有効にすることで、適格なアカウントはそのインポータンススコアを使用して新しいブロック生成を行います。

選択した方法に関係なく、 ハーベスティングをアクティブ化したいアカウント は、最初に有効な VrfKey トランザクション を通知します。このキーは Symbol のランダムなハーベスタ選択に必要です。

モザイク

モザイクは、スマートアセットシステムに一意性と柔軟さをもたらすものの一部です。これらは、変化しない複数の同一物の集合を表すことができる 固定されたアセット です。

モザイクは トークン といえますが、より特化したアセット: 報酬ポイント、株式、署名、状態フラグ、投票やその他の貨幣などのコレクションとみなすこともできます。各モザイクは 64-bit 符号なし整数の一意な識別子と モザイクを作成 する際に定義できる 設定可能なプロパティ とフラグの集合を持ちます。

 

アカウント制限

アカウントは許可した アドレス リストからのトランザクションだけ 受信 するように設定できます。あるいはアカウントはブロックするアドレスのリストを定義できます。

受信トランザクション を制限することはアカウントが既知のアドレスからのトランザクションのみを受信する場合、またはアカウントが未知の送信者からのトランザクションをブロックしたい場合に役立ちます。

マルチシグアカウント

マルチシグ アカウント はアクション/転送を実行するために追加の署名を必要とします。

連署者

Symbol アカウ は マルチシグに変換する ことができます。マルチシグの連署者 – 他のアカウント – はこのアカウントのマネージャとなります。

この瞬間からマルチシグアカウントはそれ自信からトランザクションをアナウンスできなくなります。連署者のうち 1 人がマルチシグに関係した アグリゲートトランザクション でラップしたトランザクションを提案する必要があります。

このトランザクションをブロックに記録するには、他の連署者の同意が必要です。

最小承認数と削除数

常にすべての連署者にマルチシグに関係するトランザクションへの連署をさせる必要はありません。 Symbol は連署者の同意の最小数の設定が可能です。大抵のニーズに合わせてこれらのプロパティを 編集 することができます。Symbol における現在のマルチシグ実装は 「M-of-N」 で、マルチシグアカウントの M はアナウンスに必要な連署者数、N は合計連署者数です。これは M が N 以下の数字を取り得ることを意味します。例えば 1-of-4, 2-of-2, 4-of-9, 9-of-10 などです。同様に、連署者は定義された状態を満たす場合に マルチシグへの参加に他のアカウントを招待 または 参加者に除名の提案 をすることができます。
laptop

お問い合わせ

NEM(Symbol)に関するご質問やご提案などがございましたら、NEMヘルプデスクへご連絡をお願いいたします。

 

laptop

お問い合わせ

NEM(Symbol)に関するご質問やご提案などがございましたら、NEMヘルプデスクへご連絡をお願いいたします。